メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シティーハンター

フランス実写版が11月に日本公開 冴羽リョウのビジュアル、「Get Wild」流れる特報も

実写映画「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」のティザービジュアル (C)AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS

[PR]

 北条司さんのマンガ「シティーハンター」をフランスで実写化した映画「NICKY LARSON(原題)」が、11月に日本公開されることが8月17日、明らかになった。日本公開タイトルは、「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」に決定。同作の重要な鍵となる「パフューム=“香”水」と、主人公・冴羽リョウの相方、槇村“香”のダブルミーニングで「最高」をもじったタイトルという。ティザービジュアルと、3人組ユニット「TM NETWORK」の「Get Wild」が流れる特報も公開された。

 フランス実写版シティーハンター「NICKY LARSON」は、今年2月に公開され、フランスだけで約168万人を動員した話題作。同作の監督と主演を務めたフィリップ・ラショーさんは、実写版製作のため、企画書・プロットに直筆の手紙を添え、原作者の北条さんの事務所に送付。そのプロットを北条さんが気に入り、その後、脚本を携えラショー監督が来日し、映画化の許諾を得たという。フランス・パリで開かれたコミコンで同作をいち早く鑑賞した北条さんは「これぞシティーハンター!」と太鼓判を押した。

 さらに、北条さんは「こういう手法で冴羽リョウの危機を作るのか! これは思いつかなかった。やられた!」とフランス実写版を絶賛。日本公開に対して「今年(2019年)は、シティーハンターの劇場アニメ版公開から始まり、このフランス版の日本公開で締めくくることができ、まさに“シティーハンターイヤー”となりました。大変うれしく思います。監督の愛が詰まった、ワクワク、ドキドキするアクションコメディー映画となっています。シティーハンターを応援してくれる方にはぜひご覧いただきたいです」とメッセージを送った。

 ラショー監督は、実写版について「ようやく日本の権利元と連絡がつき、18カ月かけて書いた脚本を持って北条先生に会いに行き、その48時間後にOKが出たんだ。北条先生から、脚本が原作に忠実で、このストーリーは原作にも入れたかったと言ってもらった。最高の褒め言葉で、天にも昇る気持ちだったよ!」と語り、「その時のことを考えると、こんなにも早く日本の皆さんに見てもらえる日がやってくるなんて! お手柔らかに!」とコメントを寄せている。

 「シティーハンター」は、1985年にマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が始まったマンガ。東京・新宿で、裏社会ナンバーワンの始末屋(スイーパー)冴羽リョウの活躍が描かれた。1987~99年にテレビアニメが放送されたほか、3作の劇場版アニメが製作された。今年2月に新作劇場版「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」が公開されたことも話題となった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです