メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

背筋が凍る恐怖体験 廃校のお化け屋敷が人気 青森・黒石

「学校のお化け屋敷」を訪れた家族連れ=黒石市大川原地区で2019年8月14日、藤田晴雄撮影

 今年も背筋が凍る怖さを体験してみては――。青森県黒石市の山あいにある旧大川原小校舎を活用した観光施設「お山のおもしえ学校」で、毎年恒例の「学校のお化け屋敷」が開かれている。さらに怖さが増した教室からは夏休みの子供たちの悲鳴が響いていた。

 学校のお化け屋敷は、2016年に同市内の電器店や看板店などさまざまな職種の有志が、町おこしを掲げる同観光施設の新しい呼び物にしようと二つの教室を使って手作りで始めた。

 今回も、教室の中に作った神社からお札を持ち帰る肝試しという設定。途中にはお墓や古井戸、三途の川など…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. なるほドリ ICOCAを使える範囲が広がるんだって? /和歌山

  4. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  5. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです