囲碁の坂井八段、医師に転身「20年、30年単位で人生考え」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
坂井秀至八段=大阪市中央区で2018年6月7日、新土居仁昌撮影
坂井秀至八段=大阪市中央区で2018年6月7日、新土居仁昌撮影

 元碁聖の囲碁棋士、坂井秀至(ひでゆき)八段(46)が9月1日付で全ての棋戦を休場することになった。期間は未定。坂井八段は医師に転身する予定で、7大タイトルの獲得歴があるトップクラスの棋士が無期限休場するのは異例。所属する関西棋院が16日、発表した。

 坂井八段は京大医学部を卒業、医師国家試験に合格した直後の2001年6月、世界アマ囲碁選手権優勝などの実績が評価され、プロ入りした異色の経歴を持つ。関西棋院の試験碁でプロに4連勝して同年9月、飛…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文555文字)

あわせて読みたい

注目の特集