メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スパコン「京」16日運用終了 後継「富岳」21年稼働目指す

理化学研究所計算科学研究機構(現・計算科学研究センター)の計算機室に並ぶスーパーコンピューター「京」=神戸市中央区で2016年1月7日、幾島健太郎撮影

 理化学研究所のスーパーコンピューター「京(けい)」(神戸市)は16日、大学などの研究者や企業による利用を終え、データのバックアップなどを経て、30日にシステムを停止する。2021年をめどに、後継機の次世代スパコン「富岳(ふがく)」を稼働させる予定だ。

 京は06年に開発が始まり、1秒間に1京(1兆の1万倍)回の計算をこなすことにちなみ命名された。09年の民主党政権下の事業仕分けで「2位ではダメなのか」と予算を一部削られたが、約1111億円が投じられて12年9月に本格稼働した。開発研究段階だった11年、スパコンの計算速度を競うランキングで世界1位を獲得している。

 理研によると、延べ約1万1000人の研究者、200社以上の企業が使用した。巨大地震の揺れと津波、地殻の動きを同時に予測できるソフトウエアの開発や、台風の発生を高精度で予測する研究など防災研究を発展させた。また、医療分野でも、心臓をコンピューター上で分子レベルで再現し、病因の解明や手術方法の選択につなげる研究など多くの成果を出し、約1300本の学術論文に貢献した。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです