メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

30代で弁当屋から転身、廃棄される端材から作品 木工作家・河村寿昌さんとのトーク拡大版

端材を使った一点物の作品について話す桂南光さん(左)と河村寿昌さん=愛知県一宮市で2019年6月25日、大西岳彦撮影

 桂南光さんが行きつけのバーで見つけ、いっぺんに気に入ったという木の小箱。作ったのは、30代半ばで家業の弁当屋から転身したというユニークな経歴を持つ木工作家・河村寿昌さん。材料選びもユニークで、小箱やボールペンなど作品のすべてを、本来なら廃棄するはずの端材から作り出しています。天然木の味わいを生かした作品の数々に心ひかれた南光さんが、直接河村さんに話を聞くべく、愛知県一宮市の自宅兼作業場を訪ねました。【構成・山田夢留】 

この記事は有料記事です。

残り4109文字(全文4321文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです