特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

熱戦を終えて~監督・主将コメント

「ヒットもミスも連鎖的に出る」東海大相模・門馬監督が実感した甲子園の怖さ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東海大相模の門馬監督=池田直撮影
東海大相模の門馬監督=池田直撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は第10日の16日、第2試合で中京学院大中京(岐阜)が9-4で東海大相模(神奈川)を降した。東海大相模の門馬敬治監督は、「勢いを止めるためにいろいろ考えてボールを変えたり人を変えたりしたが、力でねじ伏せられた」と試合を振り返った。門馬監督の主な談話は次の通り。【砂押健太】

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1063文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする