メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

22型(上)と11型。終戦近く空技廠が完成したロケットエンジンの有人飛行爆弾。母機に吊るされ出撃した。

[PR]

 旧日本海軍きゅうにほんかいぐん太平洋戦争たいへいようせんそう末期まっき特攻とっこう作戦さくせん専用せんよう開発かいはつした航空兵こうくうへい実戦じっせん投入とうにゅうされた11がたは、全長ぜんちょう6メートルの胴体どうたいはば5メートルのつばさちます。につりげられ、火薬かやくロケットで敵艦てきかんめがけて発進はっしんします。先頭せんとうが1.2トンの大型おおがた爆弾ばくだんとなっており、パイロットの操縦そうじゅう敵艦てきかん体当たいあたりして爆発ばくはつするため、「人間にんげん爆弾ばくだん」とばれます。桜花おうか攻撃こうげきのため編成へんせいされた「じんらい部隊ぶたい」は、桜花おうか作戦さくせんまると、零式艦上れいしきかんじょう戦闘機せんとうき(ゼロせん)による特攻とっこう作戦さくせんにも参加さんかし、部隊ぶたい全体ぜんたいでは829にんくなりました。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

    2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

    3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

    4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

    5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです