メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo 海岸覆う漂着ごみ

対馬北部西岸に漂着したごみ。漁業用の発泡スチロールやブイなどが海岸を埋め尽くし、夕景に溶け込んでいた=長崎県対馬市で、津村豊和撮影

 心地よい波音が辺りを包む中、漁業のフロートに使われたとみられる無数の白い発泡スチロールが、オレンジ色に染まった。美しい海岸に不似合いな漂着物が夕闇に消えようとしていた。

 九州の北方に位置し対岸の韓国まで約50キロの長崎県対馬市。北部西岸の漁港から2キロほど海岸づたいに歩くとフロートやブイ、漁網などの漁具からペットボトル、長靴などの生活用品まで人が排出したあらゆるごみが海辺を埋めていた。

 ごみの隙間(すきま)にのぞく砂地には、小さく砕けた発泡スチロールが混じっていた。海洋ごみを調査する…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文581文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです