特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第101回全国高校野球

第11日 履正社、初の8強

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
三回裏履正社2死一、二塁、野口が2点三塁打を放ち、雄たけびを上げる=阪神甲子園球場で17日、幾島健太郎撮影
三回裏履正社2死一、二塁、野口が2点三塁打を放ち、雄たけびを上げる=阪神甲子園球場で17日、幾島健太郎撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は第11日の17日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で3回戦4試合。第1試合は履正社(大阪)が高岡商(富山)に快勝し、初の8強進出。試合後の抽選で、準々決勝は18日の第4試合に決まった。

 第2試合は24年ぶりの準々決勝進出を目指す星稜(石川)と、11年ぶりの8強を狙う智弁和歌山が顔を合わせた。

 第3試合は5年ぶりの準々決勝進出を目指す敦賀気比(福井)と、前々回以来のベスト8が懸かる仙台育英(宮城)が激突。第4試合は初の8強入りを目指す鶴岡東(山形)と、4年ぶりの3回戦突破の懸かる関東一(東東京)がぶつかる。

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文663文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る