メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フジテレビ

「面白さ第一主義」に回帰 就任2カ月、遠藤龍之介社長 時代読み取り、流通力ある番組を作る

インタビューに答える遠藤龍之介フジテレビ社長=東京都港区で、根岸基弘撮影

 フジテレビの遠藤龍之介社長が6月末に就任し、間もなく2カ月になる。同局は1982~93年と2004~10年に民放キー局で視聴率トップだった「黄金期」を経て、近年は視聴率低迷が続く。その状況から、どのように「復活」しようとしているのか、戦略や社員への期待などをインタビューした。父で芥川賞作家の故周作氏への思いも聞いた。【聞き手・小林祥晃、屋代尚則】

この記事は有料記事です。

残り1962文字(全文2137文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 小中学校 進む熱中症対策 登下校時、プール…新たな課題も

  3. 116歳で世界最高齢の女性へ記念品 敬老の日に福岡知事

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. かべちょろ 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです