メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医学部不正入試

差別なき公正な入試を 元受験女性が3大学提訴 来月審理「問題風化させぬ」

東京医科大と昭和大から届いた合格通知を手にする原告の女性(画像の一部を加工しています)

 医学部に合格していたのに、性別や社会人経験を理由に不正に不合格にされたとして、元受験生の女性が東京医科大、順天堂大、昭和大の3大学に慰謝料などを求めた訴訟の審理が9月から東京地裁で始まる。「女性差別のない、公正な入試にしてほしい」。法廷でそう訴えるつもりだ。【蒔田備憲】

 「(入試で差別をしていた)ブラックボックスがやっと開いた。問題を風化させたくない」。元受験生の女性は、裁判に込めた思いを強い口調で語る。

 幼い頃から医療分野に関心があった。医師にも憧れたが、大学は経済的な理由もあって医学部は選ばず、医療…

この記事は有料記事です。

残り964文字(全文1219文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです