メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースアップ

「阪神」から「東日本」つなぐ心 8年で800通「ツタエテガミ」=阪神支局・井上元宏

宮城県気仙沼市の復興住宅集会所で神戸からの手紙を入居者に配る畠山輔さん(右)=宮城県気仙沼市で、井上元宏撮影

 阪神大震災(1995年)の被災地・神戸で、2人の女性が全国から手紙を募り、東日本大震災(2011年)で被災した宮城県気仙沼市の被災者に届ける「ツタエテガミプロジェクト」を始めてから、今年7月で8年となった。インターネットでも発信し、これまでにイタリアからの手紙も含め計791通を送った。震災から8年が過ぎた気仙沼では全ての復興住宅が完成する一方、高齢入居者の孤立という、阪神と同じ課題が浮上。現地のボランティアは「心を開くきっかけに」と手紙を配り続けている。二つの被災地をつなぐ心の交流を追った。

この記事は有料記事です。

残り2326文字(全文2575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです