メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道ダークツーリズム紀行

番外編 悲しみの記憶継承 近現代みつめる旅 金沢大・井出明准教授に聞く /北海道

金沢大学の井出明准教授=金沢市で

 道内の戦跡を「ダークツーリズム」として巡る試みを3回連載した。ダークツーリズムの魅力と日本における可能性について、金沢大学の井出明准教授(観光学)に話を聞いた。【聞き手・山下智恵】

 --改めて、ダークツーリズムはどんな旅ですか

 戦争や災害、差別などの記憶を持つ土地を訪ね、共感することで記憶を継承し、近現代社会を見つめる観光。旅人自身も、かつて悲劇があった現場でその時代に思いをはせると、自分の命の意味、生き方を考えさせられるなどの変化がある。

 --「負の遺産」に赴くことや観光地として強調することには批判もあります

この記事は有料記事です。

残り1092文字(全文1351文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです