メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クマ

人家近く、出没続く恐れ 餌不足の可能性大 ブナの実、大凶作 秋も注意 /山形

 県内で、人家付近へのクマの出没が続いている。目撃件数はほぼ前年並みだが、クマが食べるブナはこの16年間で最悪の大凶作と予測されており、秋に入っても出没が続く恐れが出ている。

 県みどり自然課によると、今年のクマの目撃情報は8月4日現在で255件(前年は7月末で236件)。山形市内の山形聾(ろう)学校や白鷹町の小学校、飯豊町の幼稚園など、教育施設の近くでも目撃されている。山形市内では7月17日、男性が襲われてけがをした。

 県内に生息するのはツキノワグマで、餌の一つがブナの実だ。県内の天然ブナは約15万ヘクタールと、日本…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文582文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 小中学校 進む熱中症対策 登下校時、プール…新たな課題も

  3. 116歳で世界最高齢の女性へ記念品 敬老の日に福岡知事

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. かべちょろ 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです