メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたの街の本屋さん

/4止 ネコオドル(寄居町) 猫好き、思わず手に 地元愛もニャンダフル /埼玉

店主の清水久子さん。気まぐれで黒猫のモロなど5匹の愛猫が「店番」することも=埼玉県寄居町寄居で

 「11ぴきのねこ」「名画のなかの猫」「日本の猫宿」--。絵本に小説、絵画集など猫好きなら思わず手にとってしまう本ばかり。寄居町寄居の「ネコオドル」は、そんな猫にまつわる本を中心とした5畳ほどの小さな本屋だ。「猫といっても、ひとひねりした本を置くようにしています。猫以外にも生活に彩りができるような本をおすすめできたら」と店主の清水久子さん(39)。県内の公立図書館で司書をする傍ら、週1~2回、「猫のように気まぐれに」同店を開く。13日から、新店舗で営業を始めたばかりだ。

 寄居町出身。太平洋戦争中に亡くなった祖父は東京都内で出版社を経営し、「会津隆吉」のペンネームで小説…

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文1092文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです