メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さいたま歴史散歩

平将平の故跡/3 「判じ物」ひそむ追慕 /埼玉

本殿北面を飾る「さおを手にした童子を乗せた亀」の浮き彫り(下部)などの彫刻や絵=埼玉県小鹿野町で

 「将門の乱」(938~940年)を起こした平将門の弟将平を描いたと思われる絵が見つかった小鹿野町藤倉の諏訪神社本殿には、他にさまざまな動植物や紋章が描かれたり彫られたりしている。

 東面には竜や梅、ウグイスなどが登場し、北面にはさおを手にした童子を乗せた亀、スズメ、白い象らしき珍獣。南面には袍(ほう)(衣冠束帯時の上衣)のような着物をまとった女性が乗るコイ、ムササビ、馬などが現れ、将平とみられる絵が描かれた西面ではなぜか、タコが口から赤い液を吐き出している。そして、東南北の3面には菊模様の木彫り3点が飾られている。

 よく見ると、本殿の板壁に絵が多色で描かれた後、精巧な彫刻類が取り付けられたことが分かる。工事の由来…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです