メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

金子文子と朴烈に光 新宿梁山泊が公演 あすまで下北沢 /東京

「烈々と燃え散りしあの花かんざしよ」の一場面「烈々と燃え散りしあの花かんざしよ」の一場面

 大正期の歌人、金子文子と日本の植民地支配に抗した朝鮮人活動家、朴烈(パクヨル)の存在に光を当てた演劇「烈々と燃え散りしあの花かんざしよ」が、下北沢ザ・スズナリ(世田谷区北沢1)で上演されている。

 1923年の東京が主な舞台。有楽町のおでん屋で働いていた文子は、民族の尊厳のために立ち上がる朴にひかれ、共に生きることを決意する。だが、同年に関東大震災が発生。朝鮮人虐殺が行われた混乱の中、2人は検挙され、…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです