メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・くつろぎの宿

對僊閣/上 文人の愛した和風旅館 映画やドラマの舞台に /東京

つげ義春さんの旅行記にも登場する大きな古時計と3代目女将の鈴木サヱ子さん=神奈川県鎌倉市長谷で

 ◆對〓閣 神奈川県鎌倉市長谷3の12の9

 江ノ島電鉄の長谷駅から歩いて数分。長谷寺に続く「観音大通り」沿いに、和風旅館が建つ。明治末期に創業され、現在の建物は1927(昭和2)年に建てられた。旅館の名は旧字で對〓閣と書いて「たいせんかく」と読む。古都鎌倉の老舗らしく、文化人や著名人らの利用も少なくなかった。

 鎌倉ゆかりの文学者の一人で俳人の高浜虚子(1874~1959年)もその一人だ。虚子は1910年から…

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文771文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです