メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸・夏の自由研究

/4 金沢 塩糀づくり うまみ引き出す魔法

金沢港そばに立つ「ヤマト醤油味噌」=金沢市大野町4で、井手千夏撮影

 江戸時代初期からのしょうゆ蔵が残る金沢市大野町。海辺の路地を歩くと潮風にまじり、ほのかにしょうゆの香りが漂ってくる。紀州(和歌山県)から伝わったとされる技法を生かし、全国5大産地の一つとも言われている。

 1911年開業の老舗「ヤマト醤油味噌」(同市大野町4)では、みそ汁などこうじを使った食文化を次世代に伝えようと「手づくり塩糀(こうじ)体験教室」を開催し、老若男女問わず人気を博している。記者(井手)も体験教室に参加した。

 担当者の秀働(しゅうどう)紗希さん(19)いわく、こうじは腸内環境を整えるのに大事なもの。腸内には…

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1087文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです