特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第101回全国高校野球

3回戦 岡山学芸館、貫く 最後まで笑顔、スタンド沸く /岡山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
作新学院に敗れ、グラウンドの土を集める岡山学芸館の選手たち=阪神甲子園球場で、森園道子撮影
作新学院に敗れ、グラウンドの土を集める岡山学芸館の選手たち=阪神甲子園球場で、森園道子撮影

 第101回全国高校野球選手権大会第10日の16日、岡山代表の岡山学芸館は3回戦で作新学院(栃木)と対戦し、0-18で敗れた。序盤から相手打線の勢いを止められず、打線も2安打と苦しい展開になったが、2回戦で甲子園初勝利をつかみ、最後まで笑顔を貫いた選手たちに、応援団が陣取った一塁側スタンドからは大きな拍手が送られた。【松室花実、安達恒太郎】

 この日先発の丹羽淳平投手(3年)は、10日の2回戦で打球を顔面に受けて骨折。1イニングしか投げられなかったが、チームメートは「丹羽をもう一度マウンドへ」と奮起して逆転勝ちし、再びマウンドに立つ機会を作ってくれた。だからこそ、丹羽投手は「みんなに恩返しをしよう」と心に期していた。母由希子さん(44)も「初戦で投げ切れなかった悔しい気持ちを晴らしてほしい」とスタンドから見守った。

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文1040文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る