メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外巨人がリーグ優勝 5年ぶり37回目
舞台

紙すき職人題材に 小中学生21人参加 特産品の魅力発信、あす上演 いの /高知

友草喜美枝さん(左)の紙すきを見学する子どもたち=高知県いの町幸町のいの町紙の博物館で、松原由佳撮影

 いの町特産の和紙をテーマにした舞台を子どもたちが作るプロジェクト「わ(た)しのストーリー」が進んでいる。町在住の紙すき職人、友草喜美枝さん(83)を題材に物語を創作して上演する予定で、14日には友草さんにインタビューを行った。舞台公演は18日にある。【松原由佳】

 和紙の魅力を知ってもらおうと、舞台女優らで作る「Washi+Performing Arts?未来Project実行委員会」が主催しており、同様のプロジェクトは今年で4回目。和紙にまつわる舞台を上演しており、今回は63年間紙すきを続ける友草さんに着目した。県内外の小中学生計2…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文676文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです