メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワークブック

防災、地域ぐるみで 活動と縁遠い住民も対象に、自治会向けに発刊 訓練やイベントのヒントに /福岡

NPOセンターなど編集

 大規模な災害が各地で発生する中、外国人やひとり親世帯など日ごろ地域活動と接点の少ない住民層も参加しやすい防災対策を進めてもらおうと、NPO法人ふくおかNPOセンター(中央区)などが編集した「ぼうさいをハッピーにするWORK BOOK」が発刊された。自治会や町内会の担当者向けに、平時の防災イベントを企画するヒントを紹介している。【青木絵美】

 自治会を中心にした防災訓練では、役員や地域活動に関心のある層が参加する一方、同じ地域に暮らす在住外…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文681文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです