メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワークブック

防災、地域ぐるみで 活動と縁遠い住民も対象に、自治会向けに発刊 訓練やイベントのヒントに /福岡

NPOセンターなど編集

 大規模な災害が各地で発生する中、外国人やひとり親世帯など日ごろ地域活動と接点の少ない住民層も参加しやすい防災対策を進めてもらおうと、NPO法人ふくおかNPOセンター(中央区)などが編集した「ぼうさいをハッピーにするWORK BOOK」が発刊された。自治会や町内会の担当者向けに、平時の防災イベントを企画するヒントを紹介している。【青木絵美】

 自治会を中心にした防災訓練では、役員や地域活動に関心のある層が参加する一方、同じ地域に暮らす在住外国人やひとり親、障害のある家族などの参加は限られがちで、センターは「災害になれば課題を抱えやすい層を巻き込んだ防災対策が必要」と制作した。

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです