メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

伊調馨さん、24日に築上町で臨時コーチ 合宿中のオセアニア選手に トークショーも /福岡

 女子レスリングで史上初の五輪4連覇を遂げ、国民栄誉賞も受賞した伊調馨さん(35、ALSOK)が24日、築上町で合宿中のオセアニア諸国・地域の男女5選手の臨時コーチを務める。

 会場は同町築城のコミュニティセンター・ソピア。レスリングマットを囲むように椅子を並べ、無料で見学できる。正午から約2時間コーチをした後、同じ会場でトークショーを予定している。

 伊調さんは7月に埼玉県であった世界選手権(9月、カザフスタン)の代表選考プレーオフで川井梨紗子選手に敗れた。川井選手が世界選手権でメダルを取れば五輪代表に内定するため、伊調さんの自力での五輪出場は現時点では消滅した状態だ。

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです