メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

県内の被災者支援団体紹介、情報誌「むすぶっく」 移転先で役立てて 評判よく10月に改訂版 /熊本

 熊本地震の被災者支援を続ける熊本県内のボランティア団体の活動内容や連絡先を掲載した情報誌「むすぶっく」(60ページ)を、熊本県地域支え合いセンター支援事務所が作成した。「地域と支援団体を結ぶツールとして活用してほしい」と300部を印刷して仮設団地や災害公営住宅の集会所に配布したところ好評で、10月初めには収録団体数を増やした改訂版を発行する。

 地震から3年が過ぎ、仮設住宅を出て自宅や災害公営住宅に移る人が増え、被災者が抱える課題は移転先での新しいコミュニティー形成や仮設団地での孤立防止などに変わりつつある。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 香港ディズニーランド、15日から再び休業へ 新型コロナの感染再拡大で

  3. 米女優、ケリー・プレストンさん死去 ジョン・トラボルタさんの妻

  4. 濃厚接触者は850人 感染判明27人の新宿の舞台 観客に保健所などへ連絡呼びかけ

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです