メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府

アフリカと「2国間委」 投資環境整備 ケニアなど

 政府は、横浜市で28~30日に開く第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に合わせ、ケニアやナイジェリアなど約10カ国と個別に、日系企業の進出を後押しする「2国間委員会」を初めて設立する方針だ。人口増加が著しいアフリカは「最後の巨大市場」とされるが、日系企業は中国や欧米の企業に比べて、進出が遅れている。政府主導による環境整備で、アフリカへの民間投資増を促す。【鈴木一生】

 政府関係者によると、委員会には日系企業なども加わる。TICAD7に合わせた安倍晋三首相と各国首脳との会談で合意を目指す。日本政府はTICAD7で発表する文書にも盛り込みたい考えだ。

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  3. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  4. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  5. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです