メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都五山送り火

送り火に思い込め

「京都五山送り火」で浮かび上がる大文字=京都市で2019年8月16日午後8時3分、川平愛撮影

 お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「京都五山送り火」が16日夜、京都市街を囲む山々であった。台風10号による風雨も収まり、約2万8000人(京都府警発表)が古都の夜空を照らす炎に見入った。

 東山・如意ケ岳で午後8時、2画目が約160メートルある「大」の文字に設置された約75カ所の火床に一斉に火がと…

この記事は有料記事です。

残り75文字(全文225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです