メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦没者慰霊碑

損壊743基 民間建立、遺族高齢化で放置 厚労省全国調査

 民間が建立した戦没者慰霊碑の状況を厚生労働省が調べたところ、倒壊していたり、ひびが入っていたりと損壊状態にある慰霊碑が全国に743基あることが判明した。各地に点在する慰霊碑を対象にした大規模調査で、管理していた遺族の高齢化などで多くの慰霊碑が放置されている実態が浮かび上がった。厚労省は、移設や埋設する場合の補助制度を設けており、今年度から対象を拡大して制度利用を促している。

 調査は自治体が昨年10~12月に実施。太平洋戦争に限らず過去に戦没した軍人・軍属を慰霊する民間建立の慰霊碑で「忠霊塔」「忠魂碑」「招魂塚」などの名称は問わず対象とした。

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです