メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

同時代史から歴史へ=保阪正康

語り継ぐ姿勢、定着を実感

 昭和史が同時代史から過去の歴史へと移行しつつあると、この8月は実感として受け止めることができる。いくつかの講演をしてみてわかるのだが、近現代史の話を聞きに来る人は、8月には意外に40代、50代が多い。多分、この月は「戦後」という語が目につくためであろう。夏休み中の高校生などがいることもあり、同時代史的な感覚では話は通じない。

 これまで10代から40代の各世代から受けた質問によって、「ああ、昭和史は歴史に入ったなあ」とつぶや…

この記事は有料記事です。

残り1787文字(全文2013文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです