メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド観測

Theme 出版社がCF事業 高額本の資金や研究者支援に

クラウドファンディング事業での提携を発表した講談社の野間省伸社長(左)と立命館大の仲谷善雄学長=東京都千代田区で、山口敦雄撮影

 出版市場が縮小するなか、出版各社は新しい収益源を求めて、書籍や物品、イベントなどのアイデアに対して一般から資金を募るクラウドファンディング(CF)事業に力を入れている。各社の戦略を取材した。

 小学館(東京都千代田区)は、7月1日にCFサイトの「小学館スタートアップゲート」を開始した。その第1弾として、大人気アニメの「新幹線変形ロボ シンカリオン」の模型や全集のセット『復刻版 500 TYPE EVA&シンカリオン超全集BOXスペシャルセット』(販売価格1万9800円)の募集を開始した。同月23日に受け付けを終了したが、目標金額の約6000万円を大幅に上回る約9400万円の応募があった。

 小学館がCF事業に本格的に乗り出した背景には、昨年12月に、CFで資金調達を行った『平成仮面ライダ…

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1124文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです