メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

素材は端材 木工作家・河村寿昌さんの巻

屋久杉の端材を手にする桂南光さん(右)と河村寿昌さん=愛知県一宮市で、大西岳彦撮影

 愛知県在住の木工作家・河村寿昌さんが手がけるのは、小箱やボールペン、ぐいのみなど、天然木の味わいを生かしたオンリーワンの品々。材料もユニークで、建材などに使用した後の「端材」を余すところなく使って作られています。木材業者を自ら回って集めた端材は、ほとんど流通しない木材や希少種も含む約300種。代表作の「小箱」にひかれ、30代半ばで家業の弁当屋から転身したという異色の経歴にも興味津々の桂南光さんが、河村さんの自宅兼作業場を訪ねました。【山田夢留、写真・大西岳彦】

この記事は有料記事です。

残り2477文字(全文2710文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  4. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  5. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです