メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奪われた輝き

京アニ放火殺人事件/上(その2止) 「脱下請け」への情熱

1983~84年に地域情報紙「リビング京都」に掲載された京都アニメの求人広告。「マクロス」など人気アニメを手掛けていたことがうかがえる=京都市上京区で2019年8月10日、中山和弘撮影

 

細部まで作画にこだわり

 1981年12月。京都の地域情報紙に3行のお知らせが載った。「テレビアニメ彩色教えます 八田」。受け付けは午前10時~午後3時。他に電話番号だけが記されていた。

 京都アニメーションはこの半年前、八田英明社長(69)の妻で専務の陽子さん(70)がセル画に色を塗る「仕上げ」の下請けとして創業した。陽子さんの兄は手塚治虫も認めたアニメーター。自身も東京の「虫プロダクション」にいた経験を生かし、主婦らに彩色を教えて仕事を頼んだ。84年に働いたという大阪府寝屋川市の女性(61)は「1枚塗って何円のような内職の世界だった」と振り返る。

 拠点は本社所在地のJR木幡駅前(京都府宇治市)にあった古い木造2階建て。アニメの元請けも下請けも東…

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1228文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. 「車が水没してる」110番 男女3人死亡、80代母と50代子ども2人か 広島

  3. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  4. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです