メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

語る・つなぐ

阪神大震災25年/2 太田敏一 防災リテラシー研究所代表

防災リテラシー研究所の太田敏一代表=神戸市中央区の神戸学院大で、松本光樹撮影

 来年で発生25年を迎える阪神大震災は、被災した人や自治体職員の経験や教訓をいかに伝承するかが大きな課題となっている。震災直後、神戸市職員として復興計画策定に取り組んだ太田敏一さんは今、「防災リテラシー研究所」代表として防災の基礎知識などをホームページで発信する。防災の課題について、太田代表に聞いた。【松本光樹】

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1368文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢の医師が相次ぎ死亡 当局が表彰、子どもの受験優遇も

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

  5. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです