メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

ゆる・かわ、の魅力 素朴絵展、来月から京都で 前売り券販売中

[PR]

 <ふれ愛・インフォメーション 毎日新聞社の催し・お知らせ>

 滑稽(こっけい)で軽妙な絵画などを集めた特別展「日本の素朴絵-ゆるい、かわいい、たのしい美術-」を龍谷ミュージアム(京都市)で開催します。9月20日までお得な前売り券を販売中です。

 ゆるくとぼけた味わいのある表現で描かれた絵画を「素朴絵」と定義。絵巻、掛け軸、仏画などの素朴絵を紹介することで、新しい美術の楽しみ方を提供します。本展では絵画のほかに仏像や埴輪(はにわ)などを含めて約100点(前後期合計)を展示します=写真は南天棒筆「雲水托鉢図」(大正時代、対幅のうち右幅)。「ゆるキャラ」にも通じる個性的な人物や動物、はては珍獣や化け物をぜひ会場でご覧ください。

 <会期>9月21日(土)~11月17日(日)。月曜休館(祝日は開館、翌火曜休館)。入館は10時~16時半(10月の土曜は19時半まで)

 <会場>龍谷大学龍谷ミュージアム(京都市下京区堀川通正面下る、京都駅から徒歩約12分。075・351・2500)

 <前売り料金>一般1000(1200)円▽高大生600(800)円▽小中生300(400)円=かっこ内は当日料金<販売場所>ローソンチケット(Lコード54271)、セブンチケットなど

 主催 龍谷大学龍谷ミュージアム、毎日新聞社、京都新聞など

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「マスクの捨て方にマナーを」 専用ごみ袋 大阪の会社経営者が開発

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです