メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イエメン内戦 UAE撤収、サウジと溝 揺らぐ「イラン包囲網」

「南部暫定評議会」と暫定政権の衝突により損傷した商店=イエメン南部アデンで13日、ロイター

 イエメン内戦への軍事介入を主導してきたサウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)の間に亀裂が生じている。両国は2015年以降、親イラン武装組織フーシと戦うイエメンのハディ暫定政権を支援する名目で部隊を派遣。だが内戦が泥沼化する状況下、UAEは部隊撤収を開始した。イランとの間で安全保障上の協議を実施したとも報じられており、サウジなどによる「イラン包囲網」の構図が揺らいでいる。

 UAE軍は15年以降、ハディ暫定政権軍と協力し、主に地上戦を担当。一方のサウジ軍は空爆を担ってきた…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文925文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです