“最古の日の丸”に新たな謎 室町~江戸期の旗と判明 奈良・五條

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1463~1528年か1553~1634年に作られたことが分かった賀名生・堀家伝来の日の丸=奈良県五條市教委提供
1463~1528年か1553~1634年に作られたことが分かった賀名生・堀家伝来の日の丸=奈良県五條市教委提供

 “最古の日の丸”の有力候補、奈良県五條市西吉野町賀名生(あのう)の堀家に伝わる旗の年代測定が行われ、1463~1528年か1553~1634年に作られた絹製であることが分かった。NPO法人大和社中が16日発表した。後醍醐天皇(在位1318~39年)から下賜されたとの伝承があるが、100年以上後の室町期か江戸期の旗と判明。旗は新たな謎に包まれた。【大川泰弘】

 調査は、染織史家の吉岡幸雄さん、京都大の化学研究所と総合博物館などが、大型放射光施設スプリングエイト(兵庫県)も利用して行った。年代は放射性炭素の計測で割り出した。生地のたんぱく質の分析で絹であることを確認。含有元素の解析により赤い染料は朱だと分かった。

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文667文字)

あわせて読みたい

注目の特集