メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元受験生「女性差別のない入試を」 医学部3大学「不合格」訴訟 9月から東京地裁で審理

東京医科大と昭和大から届いた合格通知を手にする原告の女性(画像の一部を加工しています)=蒔田備憲撮影

 医学部に合格していたのに、性別や社会人経験を理由に不正に不合格にされたとして、元受験生の女性が東京医科大、順天堂大、昭和大の3大学に慰謝料などを求めた訴訟の審理が9月から東京地裁で始まる。「女性差別のない、公正な入試にしてほしい」。法廷でそう訴えるつもりだ。

 「(入試で差別をしていた)ブラックボックスがやっと開いた。問題を風化させたくない」。元受験生の女性は、裁判に込めた思いを強い口調で語る。

 幼い頃から医療分野に関心があった。医師にも憧れたが、大学は経済的な理由もあって医学部は選ばず、医療…

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1237文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

  3. 人生は夕方から楽しくなる 作家 北方謙三さん 人間臭いキャラクター、どれも自分の分身

  4. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  5. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです