メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目指せ第9の能楽版 100人で「高砂」大合唱 10月に福岡で

講師の今村哲朗さん(左)から指導を受けながら、声を合わせて稽古に励む参加者ら=福岡市中央区で2019年6月11日午後2時2分、山崎あずさ撮影

 結婚式などで謡われる能の「高砂」を100人規模の市民で大合唱する「福岡能楽大連吟」を、福岡出身の能楽師らが企画している。年末に歌われるベートーベンの「交響曲第9番」の能楽版を目指して「たくさんの人が謡えるようになって、福岡の風物詩になっていけば」と意気込む関係者。大連吟は10月6日、福岡市博多区の福岡アジア美術館で初公演される。

 高砂は、夫婦愛や長寿などを願って古くから新年の宴席や結婚式などで謡われてきた。高砂を大勢の市民で合…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文899文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  4. ORICON NEWS 相葉雅紀、ツーリング企画が海外進出 バイク大国ベトナム・ホーチミンへ 『嵐にしやがれ』5日間連続発表第3弾

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです