メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津田大介氏、企画展再開「ハードル高い」「そもそも日本の社会に表現の自由はあったのか」

トークイベントで話す「あいちトリエンナーレ2019」芸術監督の津田大介氏=名古屋市中区で2019年8月17日午後3時38分、山田泰生撮影

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、芸術祭の芸術監督を務めるジャーナリストの津田大介氏が17日、名古屋市内で開催されたトークイベントに参加し、企画展の再開について「ハードルは高い」との認識を示した。津田氏が公の場で話すのは展示中止を決めた今月3日以来、初めて。

 イベントは美術情報を発信するIT企業「アートローグ」(大阪市)が主催し、市民ら約30人が参加。2010年の第1回芸術祭に愛知県職員として関わった吉田隆之・大阪市立大大学院准教授が、津田氏に質問する形で約2時間行われた。

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文971文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです