メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界への跳躍、夢開く 正林初優勝 ショットに切れ味 毎日テニス一般

男子シングルスで優勝した正林知大=千葉市中央区で2019年8月17日、吉田航太撮影

 男子シングルスの正林がノーシードから勝ち上がり、初出場で初めて頂点に立った。「戦いながら少しずつテニスがかみ合ってきた」。勝利の瞬間、ゆっくりと拳を突き上げて喜びを味わった。

 川上のスピンのきいた左利き独特の強打で押し込まれても下がらなかった。要所でコートの中に入ってポイントにつなげ、徐々にリズムをつかんだ。強風にショットを乱されて第2セットを落とした…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 感染者と一緒に行動の中国人団体、成田・関空便に搭乗自粛し帰国

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです