メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界への跳躍、夢開く 正林初優勝 ショットに切れ味 毎日テニス一般

男子シングルスで優勝した正林知大=千葉市中央区で2019年8月17日、吉田航太撮影

 男子シングルスの正林がノーシードから勝ち上がり、初出場で初めて頂点に立った。「戦いながら少しずつテニスがかみ合ってきた」。勝利の瞬間、ゆっくりと拳を突き上げて喜びを味わった。

 川上のスピンのきいた左利き独特の強打で押し込まれても下がらなかった。要所でコートの中に入ってポイントにつなげ、徐々にリズムをつかんだ。強風にショットを乱されて第2セットを落とした…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

  4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです