メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子車いす土田優勝 パラトライアスロンW杯 ランで加速、東京手応え

土田和歌子選手=東京都多摩市で2018年11月15日、丸山博撮影

 来年の東京パラリンピックのテスト大会を兼ねたパラトライアスロンのワールドカップは17日、東京・お台場海浜公園で行われ、女子車いすで土田和歌子(八千代工業)が59分44秒で優勝した。運動機能障害PTS4の女子は谷真海(サントリー)が2位。レースは水質悪化のためスイムが中止となり、ランとバイクのデュアスロン(第1ラン2・5キロ、バイク20キロ、第2ラン5キロ)で実施され…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  4. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです