特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

光った俊足 持ち味走塁で長打創出 関東一 守備位置見据え打ち込む自信 

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【鶴岡東-関東一】サヨナラ打を打った平川(背番号7)を大喜びで出迎える関東一の選手たち=阪神甲子園球場で2019年8月17日、森園道子撮影
【鶴岡東-関東一】サヨナラ打を打った平川(背番号7)を大喜びで出迎える関東一の選手たち=阪神甲子園球場で2019年8月17日、森園道子撮影

〇関東一7-6鶴岡東●=17日・阪神甲子園球場(第101回全国高校野球選手権大会・3回戦)

 延長十一回2死。関東一の3番・渋谷は打球が右翼手の頭を越えたのを見た時、「ホームまで還ってやろう」と思ったという。実際は三塁打となったが、この積極走塁がサヨナラ勝ちをお膳立てした。

 平泉が四球で出て2死一、三塁。続く平川の打球は「(渋谷が)二塁にいたら還れない」ような右…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る