メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真雑記帳

アイヌ伝承、森を歩く /北海道

音や光、映像で森が演出されるナイトウオーク「カムイルミナ」=北海道釧路市で

 森の木に浮かび上がったフクロウが語り出すと、アイヌ伝承の物語が幕を開ける--。阿寒摩周国立公園にある阿寒湖温泉地区(釧路市)で、今年7月から始まったナイトウオーク「カムイルミナ」。音や光、映像などのデジタル技術で森を演出する企画は国立公園内で世界初の試みといい、新しい感覚を体感できると好評だ。

 湖畔にあるボッケの森遊歩道(約1・2キロ)が舞台。8ゾーンで異なる演出があり、「リズムスティック」というスピーカー内蔵の…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  4. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです