メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・旅する・みつける

千葉・野田 キッコーマンもの知りしょうゆ館 歴史や製法、五感で学ぶ /東京

もろみを搾ってしょうゆにした後に残る「しょうゆかす」の香りをかぐ参加者たち=千葉県野田市で

 千葉県をかたどった同県のマスコットキャラクター「チーバくん」の鼻の部分に当たる野田市。江戸時代からしょうゆの街として栄えてきた。その歴史を知るには、しょうゆを五感で学べるミュージアム「キッコーマンもの知りしょうゆ館」がうってつけだ。改修工事で9月から約1年間休館するのを前に、夏休み中の家族連れでにぎわっている。【橋本利昭】

 しょうゆメーカー「キッコーマン」がしょうゆ造りを始めたのは17世紀半ば。場所は現在の野田市だった。今や世界100カ国以上で販売する業界最大手だ。製造工場は、東武野田線が南北に縦断する広大な敷地に並んでおり、しょうゆ館はその工場の一つに併設されている。1991年の開館以来、右肩上がりで来場者を増やし続け、昨年度は約14万人が訪れた。見学は無料。予約をすると約1時間のガイド付きツアーが楽しめる。家族…

この記事は有料記事です。

残り1314文字(全文1677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです