メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮津灯籠流し花火大会

宮津の夜空、大輪が彩る /京都

夜空を染める花火。宮津湾には赤と白の灯籠が漂った=京都府宮津市のミップル5階の特別観覧席で、安部拓輝撮影

 宮津灯籠(とうろう)流し花火大会が16日、宮津市の島崎公園で開かれた。海辺のまちに住む人々が海のかなたに先祖をおくる風習が原点にある。花火が打ち上がる前には「おばあちゃん、ずっと見守っていてね」「あなたのくにゃくにゃの笑顔は忘れません」と天国の家族への言葉が添えられ、大輪が夜空を彩ると海辺は歓声に…

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです