宮津灯籠流し花火大会

宮津の夜空、大輪が彩る /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
夜空を染める花火。宮津湾には赤と白の灯籠が漂った=京都府宮津市のミップル5階の特別観覧席で、安部拓輝撮影
夜空を染める花火。宮津湾には赤と白の灯籠が漂った=京都府宮津市のミップル5階の特別観覧席で、安部拓輝撮影

 宮津灯籠(とうろう)流し花火大会が16日、宮津市の島崎公園で開かれた。海辺のまちに住む人々が海のかなたに先祖をおくる風習が原点にある。花火が打ち上がる前には「おばあちゃん、ずっと見守っていてね」「あなたのくにゃくにゃの笑顔は忘れません」と天国の家族への言葉が添えられ、大輪が夜空を彩ると海辺は歓声に…

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文274文字)

あわせて読みたい

注目の特集