連載

しまねの高校探訪

卒業生を中心に、島根県内の高校を順次紹介します。

連載一覧

しまねの高校探訪

津和野 報道写真家の桑原史成ら学ぶ /島根

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
桑原史成=2015年撮影
桑原史成=2015年撮影

 鹿足郡立高等女学校が開校した1908(明治41)年を創立年とする。26(大正15)年には津和野中が開校。学制改革を経た両校が49(昭和24)年に統合して津和野高になり、昨年は110周年を迎えた。県外留学生を積極的に受け入れ、現在は全校182人中、県外生が16都府県の53人。愛称は「津高(つこう)」。同窓会は「つわぶき会」で、津和野の地名の由来である町の花・ツワブキにちなむ。

 「津和野に学ぶ、津和野を知る、津和野と生きる」を目標に掲げ、地域密着の教育や学校づくりを進める。柱となるのは総合学習プログラム「T-プラン」。町内外の講師を招き、希望の講座を年3回受ける「ブリコラージュゼミ」、地域の大人と対話する「トークフォークダンス」、町内の課題解決に取り組む「プロジェクトウィーク」などを用意し、現状認識や問題解決の力を養う。

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1156文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集