メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん征圧キャンペーン「生きる」

小児がん征圧キャンペーン 小児がん経験者キャンプ20回目 希望持ち、安らげる場に 八女 /福岡

主催者、息長い支援へ心新た

 茶畑が一面に広がる八女市山内地区の一角にある県立ふれあいの家南筑後で17日に始まった小児がん経験者のための「にこスマキャンプ」。開始から10年、開催回数も20回の節目を迎えた。イベントを支えるボランティアたちは「小児がんの経験者を支えるためにも息長い支援が必要」と心を新たにしていた。

 主催者のNPO法人「にこスマ九州」の代表理事で、九州がんセンターで臨床心理士を務める白石恵子さん(…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文536文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです