メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校生平和大使

「被爆地の声届ける」 県内から3人、欧州へ /長崎

 核兵器廃絶を求める署名活動などに取り組む「高校生平和大使」の生徒3人が17日、スイス・ジュネーブの国連欧州本部訪問に向け、長崎市を出発した。過去最多21万5547筆の署名を国連軍縮局に提出し、スピーチで核兵器廃絶を訴える。

 3人は、長崎北陽台高2年、田平彩乃さん(16)▽活水高2年、橋田晏衣(あい)さん(17)▽鎮西学院高2年、内山洸士郎さん(16)。今春、県内の高校生の中から公募で選ばれた。JR長崎駅前であっ…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです