労災

60歳以上の死傷者が増加 目立つ転倒・腰痛 18年、全体の26%

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
60歳以上の労災死傷者数の推移
60歳以上の労災死傷者数の推移

 労働災害を巡り、60歳以上の死傷者が増加している。厚生労働省によると、昨年は3万3246人で、この5年間で7500人近く増えた。その割合も全体の4分の1を占め、主にサービス業での転倒や腰痛などが増加傾向にある。人手不足が深刻化する中、体力の衰えた60歳以上の労働者が増えてきているためで、厚労省の有識者検討会は年内にも健康管理や業務上の配慮など必要な対応策をまとめた指針を策定する。

 厚労省がまとめた2018年の労災発生状況によると、死傷者数は全体で12万7329人(うち死亡者は909人)。このうち60歳以上は前年比10・7%増の3万3246人で、26・1%を占めた。同じ年の全労働者に占める60歳以上の割合は17・2%(総務省調査)で、労災の発生はこれを大きく上回る。

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文724文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集