メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

デンソーウェーブ QRコード 部品情報管理のため開発

 ウェブページへの誘導やコンビニでの支払いなど、日常生活で利用する機会が多い、二次元コードの「QRコード」。デンソーウェーブ(当時は自動車部品大手デンソーの一事業部)が開発し、1994年に公表した独自の技術だ。QRは「クイック・レスポンス」(速い反応)の英語の頭文字で、その名の通り、素早くデータを読み取れることから、世界中で利用されている。

 開発のきっかけはデンソー社内で90年代初頭、部品管理のための情報量が増えたことだった。当時は情報管…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです