メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

デンソーウェーブ QRコード 部品情報管理のため開発

 ウェブページへの誘導やコンビニでの支払いなど、日常生活で利用する機会が多い、二次元コードの「QRコード」。デンソーウェーブ(当時は自動車部品大手デンソーの一事業部)が開発し、1994年に公表した独自の技術だ。QRは「クイック・レスポンス」(速い反応)の英語の頭文字で、その名の通り、素早くデータを読み取れることから、世界中で利用されている。

 開発のきっかけはデンソー社内で90年代初頭、部品管理のための情報量が増えたことだった。当時は情報管…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文601文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 小中学校 進む熱中症対策 登下校時、プール…新たな課題も

  3. 116歳で世界最高齢の女性へ記念品 敬老の日に福岡知事

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. かべちょろ 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです