メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五感で楽しむ夏

/5 聴覚 風をとらえて、涼の音色

川崎大師の風鈴市では、全国から集まった風鈴が音色を奏でる。会場を後にしても耳に心地よい余韻が残った=川崎市の川崎大師で2019年7月20日、上東麻子撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 ●鳴り口こする「舌」

 風が抜けると、つるした風鈴から暑さを払う音が響く。私たちが風鈴の音色に涼しさを感じるのはなぜだろうか。江戸時代から伝わる江戸風鈴を作る篠原風鈴本舗(東京都江戸川区)を訪ねた。

 江戸風鈴は、高温で溶かしたガラスに息を吹き込んで膨らませる「宙吹き」技法で作られる。完成品は涼しげだが、約1300度に溶けたガラスを加工するため、工房は暑い。

 丸く膨らんだガラスの下側を切り落とし、「鳴り口」と呼ばれる切断面をギザギザにするのが特徴という。標…

この記事は有料記事です。

残り1042文字(全文1287文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  2. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  4. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです