メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五感で楽しむ夏

/5 聴覚 風をとらえて、涼の音色

川崎大師の風鈴市では、全国から集まった風鈴が音色を奏でる。会場を後にしても耳に心地よい余韻が残った=川崎市の川崎大師で2019年7月20日、上東麻子撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 ●鳴り口こする「舌」

 風が抜けると、つるした風鈴から暑さを払う音が響く。私たちが風鈴の音色に涼しさを感じるのはなぜだろうか。江戸時代から伝わる江戸風鈴を作る篠原風鈴本舗(東京都江戸川区)を訪ねた。

 江戸風鈴は、高温で溶かしたガラスに息を吹き込んで膨らませる「宙吹き」技法で作られる。完成品は涼しげだが、約1300度に溶けたガラスを加工するため、工房は暑い。

 丸く膨らんだガラスの下側を切り落とし、「鳴り口」と呼ばれる切断面をギザギザにするのが特徴という。標…

この記事は有料記事です。

残り1042文字(全文1287文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです